LEDに付け替え

資料を見る男女

LED工事とはどんな場合に必要か

最近白熱灯からLED照明に付け替える家庭や企業が増えてきているといいます。LED照明は白熱灯よりおよそ3分の1から4分の1ほども消費電力が削減できるといいますから、コストを考えた場合はこちらを選択するのは当然の流れであるといえるかもしれません。 LED照明は使用する時間が長ければ長いケースほど、初期投資に費やしたコストを早く償却できるようになっています。したがって家庭よりも夜型の営業をしている店舗や工場で使う方がよりそのコストカットの効果を実感できると思われます。 現在はまだ白熱灯を利用している家庭や企業でも、使用中の電球が切れ次第順次LED照明に切り替える動きが出ています。そのため電器店などの電球の売り場スペースでは、白熱灯の取り扱いが減りその分LLED照明に売り場が拡大傾向にあります。

取付工事をするにあたっての注意点

従来の白熱灯からLED照明に切り替えるにあたっては、LED工事をおこなう必要があります。白熱灯の安定器をそのままにしてLED照明を使用した場合、余分に電気を消費したりその部分が光熱を発して火事になったり漏電したりするといった問題の報告もされています。 そういった事態を避けるためにも、LED工事を行う際は従来の白熱灯用の安定器を取り外し、使用するLED照明に合わせたバイパス工事をおこなうことが推奨されています。 LED工事の方法については、メーカーの製品によって異なることがあります。自分でLED工事をおこなう場合は、使用するLED照明の各メーカーに問い合わせてそのつど確認するようにした方がいいでしょう。