特徴を知るには

散らばったボルト

現状回復工事の範囲の特徴

現状回復とは、賃貸住宅退去時に故意や過失によって破損、劣化、消耗した部分を回復させるものです。この費用は、入居時に支払った敷金から支払われる事が一般的です。 現状回復にかかる価格相場は、賃貸年数や工事個所など個々によってそれぞれでありますが、10万円から20万円程度の範囲が平均的と言われています。 故意による損傷で一番多いとされるのが壁や天井の穴です。現状回復工事には2万円から5万円程度になります。下地まで深く入り込んだ穴や範囲が広い場合では、更に高い費用となることもあります。クロスの張り替えも割合的に多い部分です。1平方メートルあたりの費用請求される事が一般的で、1000円前後の相場となっています。元のクロスに応じた貼り替えが必要なことから、材質によって大きく費用が左右されるものとなります。

現状回復は、トラブルを防止するためにある程度の基準をまとめたガイドラインが設けられています。例えば、先ほど述べた壁や天井の穴について、明らかな穴となる場合では自己負担と明記されています。しかし、画鋲などのポンホールについては自己負担としていない場合があります。穴の数にもよりますが、ピンホールによっては、下地交換ではなくクロス貼り替えのみによって行われる特徴があります。 クロス貼り替えの対象は主に黄ばみです。日差しや経年による黄ばみでは一切自己負担となることはありません。しかし、喫煙による黄ばみや落ちないシミでは自己負担とされています。ただし、前者においては全面張り替え、後者においては部分貼り替えという判断があることも特徴となっています。